サラリーマンが太陽光発電所に投資してみた記録

中トトロの太陽光発電投資

O&M

除草作業~1~

投稿日:

今年入って初めての除草作業に行ってきました、中トトロです。

 

既存の売電開始している三重県の2基の発電所については、監視カメラがついているので、草の生え具合の状況は毎日見れているのですが、雑草が青々と生い茂ってきていたので、除草作業をすることにしました。2基共にパネルへの最低地上高は高めにしてもらっているので、正直雑草がかなり生えようが影による売電影響はないのですが、ボーボーに生い茂ったままだと管理ちゃんとしていないんじゃないか?と周辺住民に思われるのも嫌なので、4月~10月にかけて2か月に一回の計4回は目視点検も兼ねて除草しようと思います。

一応雑草の管理方法としては、草を刈ったり粒状除草剤を散布するのもありですが、一番安上がりと思われる液状の除草剤散布のみで対応しました。家から20Lのポリタンク2つと昨年買った工進の噴霧器(10L)の計50L積んで行きましたが、2か所でぎりぎり足りた感じでした。今後3か所以上となると、どこかで水を補給できる場所を探すのが現実的な気がしています。

昨年もそうでしたが、効果が出るまで1週間程度かかるので、監視カメラでしばらく見てても『あれ?ほんとに効いたかな?』と少し不安になるディレイですが、きっと大丈夫でしょう。昨年もこれで乗り切れたので、刈り払い機で草を刈る必要性って・・・?と今のところ思っています。粒状除草剤も1基目でゴーゴーサン1袋分を部分的に撒きましたが、たしかに撒いた部分は雑草減ったなとは思いましたが、周りの畑に影響ないかな?クレーム・トラブルになったらどうしよう・・等の不安に駆られるのと、1袋1500円くらいなので1500円をばら撒いているのか~というもったいない気分になるので、液状の除草剤を撒くのが自分の性には合っている気がします。2基分でグリホエキス500mlを2本≒1000円くらいなので、後は来る回数と交通費との天秤ですけどね。(人件費は自分なので一旦無視すると)

 

せっかくなので一応計算してみました。

【粒状除草剤の年2回散布で済ます場合】

 ・交通費1回約7,000円×2回分=14,000円

 ・粒状除草剤費用1か所2袋(1,500円×2)×2基分×2回分=12,000円

 ・人件費1か所0.5h(時給1,000円換算)×2基×2回分=2,000円

 ⇒合計:28,000円(年間)、人件費なしで26,000円(年間)

 

【液状除草剤の年4回散布で済ます場合】

 ・交通費1回約7,000円×4回分=28,000円

 ・液状除草剤費用1か所2本(500円×2)×2基分×4回分=8,000円

 ・人件費1か所1h(時給1,000円換算)×2基分×4回分=8,000円

 ⇒合計:44,000円(年間)、人件費なしで36,000円(年間)

 

とその差は、1万円分は粒状除草剤の方がお得そうですね

1回で4基分回ったとすると、その差は、6,000円に縮まります。

とはいえ、液状除草剤も1年間で3回で済ますなどすれば、十分逆転もするので、多少は思考錯誤が必要ですね。

次に連系が始まりそうな4基目・5基目は、造成したばかりで何もない土の時に粒状除草剤をちゃんと適量(3kg×2袋)撒いて試してみたいと思います。

-O&M

Copyright© 中トトロの太陽光発電投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.